今話題のプリンター

プリンターと言うと情報を紙に印刷するイメージがありますよね。しかし、最近では3Dプリンターという立体のものをプリントできる機械が話題です。主に企業の商品の試作を作る為に使われています。そうは言っても、3Dプリント工法はこれまでの加工方法である切削とはどう違うのでしょう。このサイトを参考に3Dプリンターの導入を検討してみてはいかがでしょうか?

3Dプリント工法と切削加工法の違い

切削加工法

様々な工具で大きい材料から切り取っていきます。金属・木材・プラスチック等でよく使われる加工方法です。高い精度が強みで、製品を試作する際に使われています。精度は高いですが、コストが高い上、時間もかかることがデメリットと言えます。

3Dプリント工法

3Dプリンターを使った場合、大きい素材から切り取るのでは無く、データをもとに作られた2次元の層を重ねて構造物を作製していきます。切削と比べ、低価格・短時間で完成するため手軽に試作ができます。しかし、素材によっては耐久性に問題が出てくる場合があるので注意しましょう。

3Dプリント工法での試作が最適の事例3選

3Dプリンター

中が空洞になっているケース

切削機は中が空洞の構造物の作製は苦手です。また、内部に造形物がある場合も同様に不得意といえます。外側から削り取る製造過程をイメージしてもらえればよく分かると思いますが、刃物が入りにくい形状はできなかったり、コストがかかります。しかし、3Dプリンターなら、2次元の層が重なり合っていく為、他の制作物と同じように作ることができます。

いくつかの部品が組み合わさるケース

切削機ではいくつかの部品が組み合わさる場合、一つずつ作りそこから組み合わせるという作業が入ってきます。しかし3Dプリンターであれば、組立作業をすることなく、すぐに動作を見られます。大幅な時間の削減に繋がります。

透明な樹脂を使うケース

3Dプリンターは透明な樹脂を使うことができます。そのため、外側が透明な模型を作って作動状況を確認できます。この技術は血管を忠実に再現する模型作りにも役立っており、医療の分野でも応用されています。

3Dプリンターで何ができるのか調べてみた!

3Dプリンター

3Dプリンターの費用相場

3Dプリンターは比較的新しい商品であり、市場は徐々に拡大をしているところなので商品価格にばらつきがあります。10万円以下から5000万円以上までありますが、どのようなものをどのくらいの精度で作りたいかによって購入した方が良いモデルは変わってきます。もちろん高ければ幅広い素材で精度の高い、大きな物を作ることができますよ。高い買い物をした、損してしまったということが無いように、まずは10万円程度のもので試してみるのもいいかもしれません。

広告募集中